絶対に土日休みが叶う薬剤師の職場とは?

薬剤師転職 > 土日休みの職場で薬剤師として働きたい!

土日休みの職場で薬剤師として働きたい!

薬剤師が、土日休みという勤務体系で働ける職場は結構あります。中でも、公務員薬剤師の場合、基本的に土日祝日は休日になります。ですから、確実に土日休みを狙いたいのでれば、公務員になるのがベストでしょう。

但し、公務員薬剤師になるには、公務員資格取得が必要です。業務内容も、民間とは違いがありますので、単に土日休みというだけで選択するほど容易いものではありません。公務員でなくとも、民間でも土日の休みが取りやすい職場はあります。

例えば、企業などがそうでしょう。企業で薬剤師が活躍できる職種は幅広く、治験や新薬開発、営業(MRやMSなど)等々があります。どの職種も、土日祝日に休みが取りやすいといえます。ただ、企業において繁忙な時期は、休日出勤はあるでしょう。

病院は、土曜日は休めないことが多いようです。休日は、日祝日プラス平日になります。土曜日の代わりに平日に休みを取ることができるので、比較的、休日は確保しやすい職場と言えます。調剤薬局の場合も、隣接するクリニックの運営形態に合わせることが多いので、必ずしも土日休みとは限りません。

最も土日休みが取りにくい職場は、ドラッグストアと言えるでしょう。年中無休の店舗もありますので、休みが不規則になりがちです。特に正社員は、毎週土日休みは難しいと考えていた方がいいでしょう。パートやアルバイトの方が取得しやすいです。

土日休みという職場環境で働くことができれば、週末に予定を入れることも可能ですから、家族や友人と共有できる時間も多くなります。子供がいれば、土日の行事(運動会、授業参観等々)に参加することができます。プライベートの充実はリフレッシュにも繋がります。

また、雇用側にもメリットがあります。決まった休日が確保できる環境であれば、離職率も低下する傾向にあるからです。離職率が高い場合、人材確保の必要性に迫られたり、業務の効率も悪くなりますので、雇用側からみてもデメリットが多いと言えます。土日休みの職場に就職するには、まず、業種選びから始めてみるといいでしょう。