病院で働く薬剤師の仕事とは?

薬剤師転職 > 薬剤師 薬局から病院への転職

薬剤師 薬局から病院への転職

薬剤師の転職のパターンの1つに、薬局勤務から病院勤務への転職があります。このパターンの転職の大きな理由としては、より専門性の高い仕事に携わりたいという希望、が挙げられます。

基本的に医師からの処方箋に基づき、薬を調剤する作業がメインの薬局と比較すると、病院における薬剤師の仕事は、薬の処方だけでなく、医師や看護師と共に、患者に投与する薬の検討をしたり、時には新薬の開発を受け持つこともあります。

薬局よりも更に幅広い仕事に挑戦したい、という気持ちで薬局から病院への転職を目指す薬剤師の方が多いようです。薬剤師が薬局から病院への転職を目指す場合、必ずといっていいほど抱える悩みがあります。それは仕事の内容と収入に関する悩みです。

前述のように、薬局での薬剤師の仕事内容にはないものが病院薬剤師にはあります。そういった作業内容に自分はついていけるのか、未経験の状態でも仕事は覚えられるのか、といったような不安を持つ薬剤師の方はたくさんいらっしゃいます。

そんな悩みを持つ方は、研修等の教育制度がしっかり確立されている求人先を選ぶことをお勧めします。社内教育やオンザジョブトレーニング(OJT)等を通じて、自己のスキルアップを図ることができます。

もう1つの悩みである収入についてですが、これについては、残念ながらある程度のダウンは受け入れる用意が必要といえるでしょう。本来、病院薬剤師の収入は薬局薬剤と比較すると若干低めで、昇給の幅についても狭いのです。

求人先によっては、前の職場の給与水準を保証してくれるところも見られます。日常生活に直接影響する問題ですから、現在の給与との開きが極力少ない求人先を探すようにしましょう。

もう1点、気をつけることは、「病院には夜勤がある」ということです。残業は薬局でも普通にありますが、夜勤は病院ならではのものです。夜勤を行うと、生活のリズムが不規則になることから、体調を崩しやすくなる可能性も有ります。

夜勤の回数や、夜勤明け休暇の有無等、求人先の夜勤に関する条件をしっかりリサーチしておくことが大切です。薬剤師の転職支援サイトは、薬局から病院への転職に関しても豊富な情報を提供してくれます。一度利用してみてはいかがでしょうか?